見積書と請求書が作成できるGirafa

見積書と請求書を作成できるGirafaの利用ガイドです。

見積書のステータスについて

Girafaをご利用いただきありがとうございます。このドキュメントでは見積書のステータスについてご説明します。

見積書のステータスとは

一般的に見積書は社内で作成を行い、取引先へ提出します。その結果、見積書をもとに受注できることもあれば失注してしまうこともあります。Girafaでは、見積書を作成してからその見積もりが受注または失注するまでの各ステップをステータスとして管理することが可能となっています。

見積書のステータス

Girafaでは見積書のステータスとして以下の4段階を定義しています。

ステータス名 状態 次のステータス
処理中 見積書は作成中で提出を行っていない状態です。 提出済み検討中
提出済み検討中 見積書は作成され取引先へ提出された状態です。 受注または失注
受注 取引先から見積書の内容で受注した状態です。 -
失注 見積書は失注した状態です。 -

制限

Girafaでは見積書のステータスを変更することで見積書の操作について制限が発生します。具体的には、見積書を編集したり削除したりすることが可能なステータスは処理中のみとなります。処理中以降のステータスでは見積書を編集したり削除したりすることはできません。